BinaryOptionの攻略法を見つけて必勝法にしよう

チャートの見方や経済指標、業者についてなど。

Category: サイコロジカルライン

サイコロジカルライン注意点

バイナリーオプション取引の際に、大変役に立つテクニカルツールは数多くあります。

取引ルールや、トレンド相場の場合とレンジ相場の場合によって使い分けるのも必勝法の人です。

また自分のトレードスタイルにあわせて、個々人のトレーダー達にとって使いやすい好みのツールを使い分けるなど工夫をするのも良いでしょう。

数あるテクニカルツールの中で、市場心理や投資家達の心理が相場に与える影響を読み解き、逆張りを成功させるために大変有効であると言われているのがサイコロジカルラインです。

投資家心理も為替相場には大きな影響力を持ちますので、これを使いこなすことができれば勝率アップを狙えることは間違いありません。

しかし便利なツールではありますが、注意点もありますのでここでご紹介いたします。

サイコロジカルラインでは80%以上が続いた場合は下降予測、20%以下が続いた場合は上昇予測を立てることができますが、レンジ相場において80%以上、20%以下が続いていて、且つトレンド傾向にある場合は騙しの可能性を疑ってください。

次に、一度上昇・下降傾向が続いた後に相場が落ち着いた場合は、次のタイミングまでじっくりと観察しながら取引を待つようにしましょう。

連続で逆張りを何度も行うのは危険です。

また単独使用はより正確な予測を立てる上では十分な効力を発揮しないこともありますので、他のテクニカルツールと組み合わせて使うことでより精度の高い予測を立て勝率を上げられるようにしましょう。

サイコロジカルラインを用いたバイナリーオプション必勝法

バイナリーオプションの取引に成功するために為替の値動きを予測する上で、投資家や市場心理を読み解くことも大変重要なポイントになります。

投資家達が直近の過去の値動きから予想を立てる方向性も、社会情勢と同じく株価の値動きに大変な影響を与えることがあるからです。

それを攻略するために大変有効なツールにサイコロジカルラインがあります。

市場のベクトルが一方的になりすぎている場合、次は逆転するのではないかと言う投資家達の心理を数値化したもので、逆張りを行う上で大変役に経ちます。

ここではサイコロジカルラインを使ってどのように予測を立てていくかをご紹介しましょう。

短期間で取引が完了できる特徴をもつバイナリーオプションの攻略において、チャートは目安として5日分ほどを表示し、短期心理を測るようにしましょう。

サイコロジカルラインの指標が80%以上であれば上がりすぎ心理、20%以下なら下がりすぎ心理が働いていると覚えてください。

つまり、80%以上の値を示している場合は逆張りして、次は下降傾向をたどると予測を経てます。

反対に20%以下の値の場合は上昇傾向に転換すると予測を立てるのが有効でしょう。

20%から80%の中にサイコロジカルラインがとどまっている場合においては、どちらともとることができない為取引を一旦待つか、他のテクニカルツールを使って予測を立てながら取引を行う方が良いでしょう。

また常に複数のテクニカルツールを併用して取引を行うとより勝率アップにつながります。

サイコロジカルラインを活用しよう

バイナリーオプションを攻略する上で、為替相場の値動きを読み解くことは最も重要なことです。

経済指標の動きや、世界の社会情勢等様々な要因で相場の変動は起きていますが、それと同じように、実際に為替取引を行っているトレーダーたちや市場の心理も為替相場の動向には大いに影響を与えています。

例えば、株価の値動きが上昇を続けている場合、あまりにもその期間が長すぎると、そろそろ転換し下降するのではないかと多くのトレーダーが考えます。

このような心理が市場の動向に影響を及ぼし、急激に相場の方向性が変わることがあるのです。

これらの心理的な影響を読み解くためのテクニカルツールとして、お勧めなのがサイコロジカルラインです。

このサイコロジカルラインは株価の値が上がりすぎている、又は下がりすぎているという値を計測するためのツールとして使われます。

計測する際に、その名の通り、トレーダー達の心理的状況を数値化し結果を出しているので、トレーダー達のバイナリーオプション取引における市場心理を読み解く上では大変有能なツールになります。

このサイコロジカルラインを上手に活用することができれば、ハイかローか高い確率で正確な予測を立てることができるようになります。

また他の逆張りに有効なテクニカルツールと併せて使うことができれば、より勝率アップを狙うことができるでしょう。

大変シンプルで便利なツールです。

初心者の方でも取扱が簡単ですので、ぜひ取り入れてみてください。