初めてVOPを利用する人は、取引業者の選び方を慎重に行う必要があります。

取引が成功するかしないかは、本人の相場観に左右されるところもありますが、業者選びに左右される場合も少なくないからです。

まずは、国内業者にするか海外業者にするかを決定しなければなりませんが、双方に特徴や長所・短所があるので、それを注意深く見ていきましょう。

まず国内業者の利点ですが、出金対応が迅速なことをはじめ、国内業者はどこも金融庁登録業者であること、FXと併用した取引ができること、どこでも転売ができるので全額損失は避けられることなどがあります。

一方デメリットは、クレジットカードでの入金が不可であること、取引時間が短くて利益率が低いこと、口座開設に時間がかかること、知識確認テストを受ける必要があることなどです。

さて、海外業者の場合はどうでしょうか?
海外業者を利用する利点としては、ピンポイントでの取引が可能で利益率が高いこと、口座開設時間が短いこと、身分証明書等が不要であること、クレジットカードの決済に対応していることなどがあります。

短所としては、金融庁の認可を受けていない業者が多く信託保全が基本的にないこと、出金を申請してから着金するまでに時間がかかることなどが挙げられます。

国内業者にしろ海外業者にしろ、VOPの取引業者を選ぶときは必ず双方の長所と短所を見ておきましょう。

VOPは少額トレード可能

VOPなら少額からトレードすることができます。

投資家とは人によって投資資金が異なるものですが、基本的に投資資金が大きくなるほど大きな利益を追求できる反面リスクも同等に大きくなるので、人によっては小さな資金でオプション取引をしようと考えます。

特にこのオプション取引はいとも簡単に結果が出てしまうので、やはり大きな資金から参戦するのは実力がしっかりと身についてからのほうが良いです。

VOP口コミサイトの特徴として資金は2万円から参加することができます。

この2万という金額はVOPに口座を開設して入金するときの金額です。

取引時の金額はもっと小さな金額から始めることができます。

VOPで小さな資金からトレードする場合は戦略を立てやすくなることもメリットです。

例えば、基本的なスタンスは為替などのトレードにあり、追加戦略としてリスクヘッジを考える場合などに少額で参加しておけば、リスクを抑えてヘッジをかませることができます。

取引の資金が少額でもエントリーできることは色々な意味においてかなり使い勝手がよくなります。

あまり大きな資金を用意してオプション取引することができないという人は要チェックです。